-Hand woven cotton 100% THICK material- BENI TSUBAKI

勾玉

日本古来の装身具の一つ。 Cの字を湾曲させた形が多く、人々は穴を開け、紐を通し首に飾ったりしてきた。 古代から魔よけの石、幸運を招く玉として、また強力な護符として用いられた。 その形は太陽と月が重なり合った形を表すとされ、太陽と月の力と恵みを受けることで、幸運を呼びこむと言われている。

-Hand woven cotton 100% THICK material- BENI TSUBAKI

MAGATAMA

One of the ancient Japanese accessory. Mostly it shapes like curved “C” letter, and people made a hole and put sting for neckless. Ancient people used this stone for charm or jade. It shows the shape which is overlapped sun and moon and bring happiness to people by the benefit of their power.